大分県のB級グルメについて

大分県のB級グルメについて

大分県の名湯で温まりたいと考える人は多く、宿泊旅行をする人も多いです。
そんな大分県のB級グルメを抑えておくことで、旅行がより一層楽しいものになることは間違いありません。

気軽に食べることができるB級グルメが多いので、せっかく旅行に行くのであれば、一度は食べておくべきです。
そんなB級グルメを紹介していきます。

「ぶんごや」の中津唐揚げ

ぶんごや
出典:https://tabelog.com/oita/A4404/A440401/44005167/dtlphotolst/1/smp2/

今や、全国のご当地唐揚げの中でも、屈指の人気を誇っているのが大分県の中津唐揚げです。
ご当地では、30軒以上の唐揚げ販売店があり、養鶏場がたくさんあったので唐揚げが普及したといわれています。

その中でも、精肉店が経営をしている「ぶんごや」では、朝びき鶏を一晩、にんにくと生姜のきいた醤油ベースのたれに漬け込み、提供をされています。
定番となっている骨なしのほかにも、かぶりつくとうまみがあふれる骨付きがとても人気になっています。
砂ずりとかせせりといった、マニアックな部位の唐揚げも楽しむことができます。

高級温泉地のB級グルメ「ユフインバーガー」

ユフインバーガー
出典:https://tabelog.com/oita/A4402/A440201/44003716/dtlphotolst/1/smp2/

おんせん県で、別府と人気を二分する温泉地といったら、もちろん湯布院です。
ゆったりとしている街並みに高級旅館が立ち並んでいる湯布院で気軽に食べることができるB級グルメのお店として人気なのが、ユフインバーガーです。

このお店は、雑貨屋さんのような雰囲気のお店です。
鉄板で焼かれたバンズに、豊後牛で作ったパテと地元産のレタスや玉ねぎ、トマトなどの野菜と目玉焼きが挟んであるかなりボリュームがあるものになっています。
ソースと野菜のみずみずしさを楽しむことができます。
贅沢に楽しみたい人は、プラス480円で、豊後牛100%パテに変更することもできます。

「海鮮いづつ」で絶品りゅうきゅう丼

海鮮いづつ
出典:https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44004374/dtlphotolst/1/smp2/

大分のご当地のグルメの中で、名前の由来が謎めいていることもあり有名となっているのが、りゅうきゅうです。
アジとかサバやブリなどの新鮮な切り身を醤油とか酒、ごまなどで作っているたれに漬け込んで食べるのです。

もともとは、漁師が保存するために生み出した料理といわれています。
飲食店の賄いでも親しまれてきています。
別府市街の鮮魚店直営の人気店の海鮮いづつでは、熱々のご飯にたっぷりと盛られたりゅうきゅう丼を食べることができます。

甘めの九州醤油の味付けが絶妙となっている一品で、かなりご飯がすすむのです。名前の由来は、沖縄から伝来したとの琉球説などがありますが、今はまだはっきりわかっていません。

2016.11.02
関連記事はこちら