愛知県のB級グルメについて

愛知県のB級グルメについて

愛知県のB級グルメについて紹介していきます。
まずは、B級よりはやや一般的で知名度の高い愛知県名物グルメの紹介です。

テレビでも話題の台湾ラーメンと台湾混ぜそば

台湾混ぜそば
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/台湾まぜそば

名古屋駅周辺に多く存在する名古屋名物のお店の中で、特に人気がありテレビでも話題となるメニューには、台湾ラーメン、手羽先、味噌カツ、きしめん、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、あんかけスパゲッティ、天むす、カレーうどんなどが挙げられます。

この中でも、台湾ラーメンは特に、店舗によって味付けやトッピングがさまざまであることや、リーズナブルな値段で楽しめることから、地元名古屋の人たちにも普段からとても人気があります。

この台湾の名称を引き継ぎ近年ブームになっているのが、台湾混ぜそばです。
唐辛子とニンニクで辛く味付けされたひき肉、もやしや、にら、海苔などを、汁無し麺の上に豪快に乗せ、卵を絡めてかき混ぜて食べます。若者を中心に愛されるスタミナ系メニューですが、若い女性にも人気があります。

追い飯といい、麺を食べ終わった後にたれやトッピングでご飯を楽しめるサービスを提供している店舗もあります。

進化したいなり寿司と「おきつねバーガー」

おきつねバーガー
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/おきつねバーガー

次に、B級グルメのイベントでも話題となったのが、豊川市のおきつねバーガーです。

豊川市といえば、豊川稲荷という神社が有名で、いなり寿司が名物とされています。
おきつねバーガーは、バンズの代わりに油揚げを使ってトンカツやレタス、玉ねぎをサンドしたバーガーです。
一見インパクトがありますが、香ばしくて肉厚な油揚げとケチャップ風味で甘めの濃厚なタレがよく合う一品です。

いなり寿司も近年は、ワサビや味噌カツ、天むす、うなぎなどをトッピングしたものなど、様々なアイデアによる進化をしています。

ネットでも人気の「瀬戸焼きそば」

瀬戸焼きそば
出典:http://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23037572/dtlphotolst/1/smp2/

次に、B級グルメのサイト等で話題に上がっているのが、瀬戸焼きそばです。
麺はもちもちとした自家製蒸し麺で、具はシンプルな豚肉とキャベツと紅ショウガ。
豚の煮汁をダシにした醤油ベースの味付けがされています。
焼き物で有名な瀬戸市ならではのこだわりとして、瀬戸焼の陶器のお皿で出てきます。

地元で愛されている「どて煮」と「どて飯」

どて煮
出典:http://kyoudo-ryouri.com/food/1731.html

愛知県は味噌文化発祥の地であるため、味噌カツや味噌煮込みうどんなど、赤みそを使用した料理は伝統的な料理とされています。
その中でも、地元の人の居酒屋定番メニューとして愛されているのがどて煮という料理です。
牛スジや豚のホルモン、他にもおでんの具の定番である大根やこんにゃく、卵などを、八丁味噌ベースの汁でじっくり煮込んだ料理です。

この、じっくり煮込まれたどて煮の肉をご飯にかけたどんぶりも、どて飯と呼ばれており、独特のコクと旨味でついついご飯も進んでしまいます。

2016.10.18
関連記事はこちら