世界で一番食べられているヌードルの種類とは!?

世界で一番食べられているヌードルの種類とは!?

ヌードルは世界の様々な国やエリアで食べられています。
ヌードルがない国の方が少ないと言えるかもしれません。
日本だけでも、ラーメンやソバ、うどんなど幾種類もの麺類が存在しています。

お昼は麺がいいという人も少なくありません。
アジアで食べられている麺類のほとんどは非常に似ています。
では世界で一番食べられているヌードルの種類とはどんなものなのでしょうか。

世界で一番食べられているヌードル

生めん

麺の原材料としては、小麦粉や米粉などがあります。
またそば粉や餅粉などもあります。

この中ではやはり小麦粉を材料としてつくられた麺がもっとも多く食べられています。
それは小麦が世界中でたくさん生産されていることとも関係しています。
日本で食べられているラーメンはもちろんうどん、焼きそばの原材料も小麦粉です。
中国の内陸部でも小麦粉で作られた麺が毎日に主食になっています。

どのようにして食べられているか

ボンゴレ

では世界中でヌードルはどのように調理されて食べられているのでしょうか。
大体三種類に分けられます。

ラーメンのようにスープがついているもの、ミートスパゲッティのようにソースがのっているもの炒めたり蒸したりしているものです。
日本のそばにように、具材がちょっとしかなく、主に麺の味を味わいながら食べるというのは、めずらしい食べ方のようです。

色々な形のヌードル

色々な形

ヌードルの形は多種多様です。麺の形でも、太さはいろいろです。
中国のある地域の麺はベルトの幅くらい大きいのです。
食べるのに苦労しそうですね。

またマカロニ型をしたものや三角形のものもあります。
小さいのでソースがからみやすいのが特徴です。
また生めんのように、つくりたてのものもあれば、乾燥させたもの、すでにゆでてあるものもあります。

このようにヌードルは味も形も、種類がたくさんあります。地域ごとのいろいろな麺料理を味わってみたいと思うのではないでしょうか。

またインスタントラーメンも、世界中で食べられています。
しかし麺を多く食べている地域がたくさんインスタントラーメンを食べているというわけでもないようです。
たぶん麺料理そのものが、すでに簡単なのであえてインスタントを食べる必要がないのかもしれません。

パスタの消費が多い国では、インスタントパスタなるものは存在しません。
食事をそれほど急いで作る習慣がないのかもしれません。
ちなみにインスタントラーメンの消費量が多いのは韓国だそうです。

2017.01.29
関連記事はこちら