おとなの週末にも掲載されたオシャレなBARに行きたい

おとなの週末にも掲載されたオシャレなBARに行きたい

お酒が好きな人であれば、おとなの週末に掲載されるようなオシャレなバーに行くことはひとつの目標でもあります。
しかし、バーに行ったことがない人は金銭的なハードルが高く、さらにその雰囲気に慣れていないと楽しめないと考えている人が多くいます。
しかし、実際はそのようなことはなく、気軽に足を運べる場所なのです。

オシャレなBAR

おしゃれなバー

バーにも様々な種類があり、いかにも本格的なバーであるオーセンティックバーショットバーのほか、スポーツを観戦しながらお酒を飲むことを目的にしたスポーツバー、音楽を聴きながらお酒を楽しむジャズバーロックバー、さらにダーツやビリヤードの合間にお酒を飲めるダーツバービリヤードバーなどがあります。

どのバーもお酒を楽しむ場所に変わりはありませんが、やはりオシャレなバーと言えばオーセンティックバーです。
おとなの週末に掲載されるバーもオーセンティックバーであることが多く、普遍的なバーの雰囲気をそのまま味わえるバーなのです。

BARのマナー

バーテンダー

おとなの週末などで掲載されたバーであっても、バーを訪れるのであればマナーを守らなければなりません。
マナー違反をするとお店に迷惑を掛けるだけでなく、周囲の客も不快な気分になってしまうのです。
訪れる前に、最低限のマナーを勉強しておくべきです。

まず、泥酔するまで飲むことは絶対に避けなければなりません。
バーはお酒を楽しむ場所であり、酔っ払う場所ではありません。
場合によっては退店させられることもあるため、飲み過ぎには注意しましょう。

友人同士など複数で来店する場合は、声の大きさにも気を遣うことが大切です。
居酒屋と同じように大声でしゃべると店内の雰囲気が台無しになります。
日常の会話よりも少し声を落とす程度で話をしましょう。

また、バーテンダーを独占することもマナー違反です。
バーテンダーとの会話もバーの楽しみ方の一つですが、仕事が滞ったり他の客が注文しにくくなってしまうのです。

BARを楽しむためには

テーブル

バーを本格的に楽しみたいのであれば、ある程度お金の余裕があるときに行くことがおすすめです。
オーセンティックバーでは一杯の値段が1000円を超えることは珍しくなく、さらに席のチャージ料が掛かります。
チャージ料は500円から1000円程度ですが、請求されたときに慌てないようにしましょう。

バーは足を踏み入れてしまえば気負うことなく楽しめる場所です。
マナーを意識し、雰囲気とお酒の味を楽しみましょう。

2017.03.14
関連記事はこちら