三重県のB級グルメについて

三重県のB級グルメについて

三重県は「美味し国」とも呼ばれる街で、観光スポットも多いですし、昔から人気のある場所です。
美味しい料理もたくさんありますが、B級グルメもおすすめなものがたくさんありますので三重県のB級グルメのご紹介です。

ステーキはステーキでもこちらは豚肉のステーキが人気!

四日市とんてき
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/四日市とんてき

三重県四日市の「四日市トンテキ」は豚肉のステーキとして市民に親しまれています。
四日市では戦後からすぐに食べられていたそうです。

このトンテキはウスターソースをもとにして作られた特製ソースを分厚く切った豚肉のソテーに絡めて食べるのですが、味も濃厚で食べごたえがすごくあります。
一緒に添えられる山盛りのキャベツと一緒に食べたい一品です。

昔は肉料理専門店や、中華料理店で食べられていましたが、現在では洋食屋に居酒屋、ラーメン店など様々なお店で食べられることが出来る料理となっています。

津で愛され続けるビッグなB級グルメはなんとギョーザ

津ギョウザ
出典:http://www.tsukanko.jp/gourmet/812/

津市で1985年からは学校給食で考案されて提供されたのが始まりの津ギョーザは、子ども達に大人気の料理です。
大きさはなんと1個が15センチという強烈なインパクトの津ギョーザ。
パリッとした大きな皮と餡で包まれています。

お店によっては揚げギョーザで提供しているお店もあります。
餡には豚肉やニラ、エビなどが入っていて、一皿に一個が乗っかった津ギョーザは食べごたえ抜群で調味料なしでも美味しいおすすめのギョーザです。

桑名市の名産品をたっぷり使ったB級グルメもおすすめ

しぐれ肉巻きおにぎり
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/しぐれ肉巻きおにぎり

桑名市で人気なのが「しぐれ肉巻きおにぎり」。
あさりしぐれを混ぜ込んだご飯を豚肉で巻いたおにぎりです。
ボリュームもさることながらその美味しさには大人から子供まで幅広く親しまれている料理です。

「しぐれ」とは佃煮のことで、桑名の名産品でもあるので、昔から牛肉やあさり、しじみ、のりなどのしぐれを家庭の味として食べられてきました。
ここ桑名市だからこそ産まれた料理といえます。

あさりしぐれを使った料理に「桑名カレー」があります。
こちらのカレーは一度にたくさんの味を楽しむことが出来ます。
真ん中にご飯が盛ってあり、お皿の片側にはビーフカレー、もう片側にはポークカレーが盛りつけてあります。
これは日本人が愛するカレーの豚肉と牛肉の境界線が桑名市にあるからです。

桑名市では東と西の食文化をまずはポークとビーフを別々に食べて、最後は一緒に食べられるという両方のおいしさを堪能することが出来ます。
ご飯の上には名物あさりしぐれが乗っていますのでぜひ一緒に食べてみてください。

2016.10.21
関連記事はこちら