川越グルメを堪能する散歩コース

川越グルメを堪能する散歩コース

ちょっとした日帰り旅行に最適な埼玉にある数少ない名所、小江戸川越。
シンボルになっている時の鐘はとても有名です。
県内の中学生が校外学習で訪れるほど、歴史的価値も高い町です。

川越の名産紫いもや、川越ラーメンなどの地元グルメ、また重要文化財に指定されている喜多院などの寺院が多くあり、都心からも日帰りで行きやすい観光スポットとなっています。

休日には学生から年配の方まで幅広い年代の方が訪れ、道を行き交うのが困難なほど賑わっています。
菓子屋横丁などはテレビで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
そんな小江戸川越を満喫するグルメ堪能散歩コースをご提案します。

食べ歩きをするならココ!

中市本店
出典:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11027948/dtlphotolst/1/

中市本店

蔵造りの町並みを歩いていくとすぐ見えてきます。こちらかつお節屋さんなのですがそのかつお節をふんだんに使った“”ねこまんまおにぎり””(200円)が大人気です。
売り切れ次第終了で午後にはもう売れ切れてしまうことも多いので、川越についたらすぐに買っておきたい品です。

石門
出典:https://imokoi.com/item/いも恋/

菓匠石門

時の鐘のすぐ隣にあるお店です。なかでもこちらのお店の“”いも恋””はとても有名、人気で5個入り800円のお土産としてもおすすめですが、1個から売ってくれるので食べ歩きに最適です。

中身がつぶあんといもあんになっていて、さつまいもの甘さが程よく出ています。
また紫いもソフト(270円)もおすすめ。紫いもの風味が濃い一品です。

楽楽
出典:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11005320/dtlphotolst/1/

川越ベーカリー楽楽

そのまま菓子屋横丁に進んでいくとすぐにあります。
みそぱん(140円)がおすすめです。お味噌の風味がちょうどよく、中には角切りのサツマイモも入っています。私としては絶対に食べてもらいたい一品です。

そのまま菓子屋横丁でお土産を選んでみてはいかがでしょうか。22軒のお店が立ち並ぶ菓子屋横丁は飴玉の発祥であったり、その香りや町並みは文化財に指定されているそう。飴細工体験やお土産としてロング麩菓子がおすすめです。

がっつり食べたいときはココ!

かすが
出典:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11001976/

甘味茶房 かすが 芋づくし

築120年の蔵を改装した内装で、大正の雰囲気を味わいながら、こちらのお店発祥の芋そうめんを堪能することができます。
もっちりとした食感と喉越しが楽しめるそうめんです。

大八勝山
出典:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11000929/dtlphotolst/1/

大八勝山

こちらのお店の紫いも餃子がおすすめ
皮に紫いもが練りこまれていて、地元の定番グルメである川越ラーメンと一緒に食べるとさらに満喫できるでしょう。

観光で少し疲れてしまったら

あかりや
出典:https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11017607/dtlphotolst/1/

観光で歩き疲れるとゆっくりお茶ができる美味しいお店があると良いですよね。
そんな時は甘味処あかりや看板メニューの宇治金時(570円)はかき氷の上に自家製あんこを乗せたボリューム満点のメニュー。ですが重すぎず、さらりと食べることができる甘さです。

また芋ようかん(100円)焼きみたらし串団子(60円)もおすすめ。
駅に程近い場所にあるため帰りに寄ってみてはどうでしょうか。

2017.02.04
関連記事はこちら