群馬県のB級グルメについて

群馬県のB級グルメについて

どのような地域でもその地に根付いたなじみ深い食べ物があり、そこに住んでいる人ならば誰もが一度は食べたことがあるものがあります。
またその地域に住んでいなくても、同じ県であれば聞いたことがあるものなど、地域によっても違いが多くあったりします。

そのようなグルメの一つに、B級グルメがあり知っているものも知らないものも出てきたりします。
そのようなグルメは様々な県であり、群馬県でもあります。
群馬県でよく知られているB級グルメを把握して、地元の人も旅行などで行く人も楽しむようにしましょう。

群馬名物は焼きまんじゅう

焼きまんじゅう

群馬県で誰もが知っているものの一つに、焼きまんじゅうがあります。
焼きまんじゅうとは、群馬県地方の郷土料理の一つであり、蒸して作ったまんじゅうを竹串に刺して、黒糖や水あめなどで甘さを出した濃厚な味噌だれを塗り、火にかけて焼き目を付けたものをいいます。

軽食として好まれ、基本的には餡のない薄いまんじゅうが使われますが、こしあん入りのものもあります。
焼きたてで温かいときは柔らかいですが、冷めてしまうと硬くなり噛みちぎれないほどになるため、温かいうちに食べるようにしましょう。

濃いのが特徴の太田焼きそば

大田焼きそば
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/太田焼きそば

群馬県のB級グルメには、太田焼きそばというものがあり、太麺と濃厚なソースが特徴になります。
使用する麺は太麺であり、濃厚なソースをかけますが、具はほとんどの場合がシンプルにキャベツだけとなります。

統一された定義や特徴はほとんどなく、麺が細くソースの薄いお店もあります。

桐生市のコロリンシュウマイ

コロリンシュウマイ
出典:http://www.geocities.jp/cororin_s/

群馬県は海もなく周りをほかの県に囲まれている場所になりますが、B級グルメは特徴的なものがあります。
その一つに桐生市のB級グルメである、コロリンシュウマイがあります。

コロリンシュウマイは、桐生市に住んでいる人なら知らない人はいないといわれるB級グルメであり、地域のイベントなどでことあるごとに食べたことがあるものになります。

コロリンシュウマイの原材料は、男爵イモにタマネギ、馬鈴薯でんぷんであり、蒸かしたジャガイモをつぶしてほかの材料と混ぜ合わせ、練って整形して蒸しあげる料理になります。

食べるときは、さらさらなソースに青のりをかけて食べることが普通になります。
食感としてはもちもちとしておりシューマイらしさはありませんが、桐生市民のソウルフードとなっているものであるので、立ち寄ることがあれば食べてみるのも楽しいものになります。

2017.08.17
関連記事はこちら