接客が親切な飲食店の教育方法とは?

接客が親切な飲食店の教育方法とは?

飲食店の集客をあげるために欠かせないのは他店にないオリジナリティと客目線に立ったサービスです。

美味しいものが食べられる店はいくらでもあるこの時代、他店に差をつけるためにはどうしたら良いのでしょう。

早い・安いが売りの店に客は親切なサービスは求めない

安いのだから接客の質など求めていないのです。
従業員の仕事は流れ作業のように淡々と、飲食店として最低限の身だしなみと言葉づかいができていればそれでよしとします。

安く提供することも、ファストフードのようなスピード感も実現することもできないのならば、やはり他店にはないオリジナル性が必要となります。

これまでにないもの、目新しいものに人は飛びつく

サービス

SNS全盛期の現在においてはとくに、物珍しいものこそが求められているのです。

店内のインテリアにこだわったり、奇抜な盛り付けも難しいような場合、最後の残るのは接客の質です。
親切な接客をできる店はどんなに古くても、それほど美味しいわけでなくても生き残っていることがあります。
日本全国どのような地域にもこのような店は存在し、あてはまる店が思い浮かぶという方も少なくないのではないでしょうか。

一方で店員の横柄な態度や不親切な対応に腹を立てたり、がっかりした経験があるという方も多いはずです。

わたしたちが暮らす中ではさまざまな接客をうけています。
コンビニから一流レストランまで、すべては同じサービス業でありながら、その質は格段に違います。

しかし中にはコンビニで受けた接客に気持ちがあたたかくなった、というような経験をしたことがある方や、高いレストランで食事をしたのに接客はまったく行き届いていなかったと不満になった経験がある方もいるでしょう。

サービス業の基本には客目線の接客が求められる

同じような店舗が多く存在するいま、消費者に選ばれるのは気持ちよく買い物ができるかどうかにかかっているのです。
飲食店を長く続けるためには、リピーターを獲得し、定着させることが何より大切です。
そのためには従業員を徹底して教育する必要があります。

親切な接客は料理の味の良さを倍増させてくれます。
客が不快になるような要素になりえるのは不衛生さや店員の態度がほとんどです。

提供する際に使用する食器類や座席、化粧室の衛生には細心の注意をはらいますが、店員を教育することは容易ではないこともあります。

店員の教育に一番役立つのは、客目線にたてるようなシミュレーションです。
自分が不快に思うようなサービスを受けた場合、自分もその立場にはなりたくないと考えることができるからです。

また、客が不快に感じるケースで頻繁にあげられるのは、客前で従業員をしかりつける場面を見せてしまうことにもあります。
店内の雰囲気はスタッフからのわき出てくるものです。
忙しさを理由に理不尽な叱り方をすることも教育する立場の人間は気を付ける必要があります。

2016.09.19
関連記事はこちら