今アツイ!おつまみから主食までバリエーションがあるイマドキ缶詰

今アツイ!おつまみから主食までバリエーションがあるイマドキ缶詰

缶詰といえば、今までは保存目的が主体で、味は二の次と考える事が一般的でした。
しかし、缶詰の種類が増えた事によって、グルメとしての価値が再評価されたり、競争が激しくなる事で全体の味が向上しています。

 

缶詰の戦国時代、到来!

4-1
正に缶詰は戦国時代で、味の追及や意外性が楽しめる事に加えて、長期保存が利く実用性も再評価されつつあります。
実用面では、買って缶を開けるだけで直ぐに食べられたり、アレンジを加えれば立派な一品料理になる事が利点です。
基本的に常温でも保存出来るので、急な来客用に常備しておいたり、お酒のおつまみとして楽しむ事が可能です。

 

缶詰は食のバラエティを豊かにするグルメ食

4-2
料理をするのが面倒であったり、手間をかける時間がないといった事は珍しくなく、現代人はグルメとは程遠い生活を行っている人も少なくありません。
ただ、お金や手間をかければ料理は立派になるかと問われれば、それは違うと断言する事が出来ます。
缶詰の中身は完成品ですし、元は生ものでも火は通っているので、缶を開ければそのままでも食べられる食事になります。

焼き鳥の缶は、湯煎して温めるだけでも、肉の旨味と味付けの両方を楽しむ事が行えます。
一方、焼き鳥は火にかければ香ばしさが蘇ったり、炭火で温めれば立派な一品料理に早変わりします。
開けるだけで食べられる事、これは素晴らしい利点ですが、ひと手間を加えれば美味しさが引き立つので、立派な料理として出す事が出来ます。

 

缶詰の世界は意外なほどに奥が深い

4-3
缶詰メニューの中身は肉と魚が主流ですが、野菜の加工品も登場しているので、料理の具材やそのままの完成品として使えます
味付け調理されている物が主体なので、複数の缶物を組み合わせたり、新鮮な食材と混ぜ合うだけでも一品料理になります。
野菜に加えればサラダになりますが、ご飯に混ぜて炊き込めば炊き込みご飯に、そしてパスタのソースとしても流用出来ます。

他の食べ方としては、パンに挟むアレンジも注目で、手軽な食パンからフランスパンまで食感を楽しめる点も魅力的です。
上手く活用する事で缶詰の利用価値は高まります。

まとめ

調理方法は温めるだけの缶は、缶を開ければおつまみになりますし、皿に盛れば手作り料理として振る舞えます。
厚切りのベーコン缶は、焼き鳥とは違った食感や味付けで、どのような料理にも使える事がおすすめ理由になります。
魚のタイプは洋食が贅沢で、普通に作ると手間はかかりますが、缶なら贅沢な料理が自宅で簡単に味わえます。

自宅用に保存しておいたり、非常食としても役立ちますが、ギフトボックスに詰めれば贈り物になるので、お酒を好む人に贈る事も可能になります。

2016.04.04
関連記事はこちら