居酒屋メニューをお家で作ろう!

居酒屋メニューをお家で作ろう!

居酒屋のでは、お酒をメインに調理されたメニューが多く、お酒に合う味や量を考慮して作られていますが、お家でも簡単に作れるとうれしいです。
お家で簡単に作れる居酒屋メニューを紹介します。

居酒屋おつまみの定番「枝豆」をアレンジ

枝豆

枝豆は塩ゆでして小鉢にお通しなどとして出てくるのが定番ですが、塩ゆでした枝豆に少しアレンジしてお家で作ってみるのも良いでしょう。

普通に塩ゆでした枝豆をフライパンにごま油をひいてニンニクチップを入れて炒めます。
まんべんなく風味が絡み合った状態で火を切り、塩を振って出来上がりです。
ダイニング風居酒屋などのアレンジ料理として出され、女性や若者に人気のメニューです。

食感の良さと香ばしさのゴボウのから揚げ

ごぼう

安価で簡単にできる居酒屋メニューとしてゴボウのから揚げがあります。
ゴボウは繊維質が豊富な食材で、揚げることにより香ばしさと食感が良くなり、お酒のおつまみとして最適です。

調理は極めて簡単で、ゴボウの皮をむき、5センチから7センチの短冊切りにして、水に浸してあく抜きしたら、しょうゆ、酒、みりん、塩を適量を調味料としてまぶし、片栗粉を全体にまぶして揚げ油で揚げます。
お好みのより、マヨネーズや山椒、レモン汁などを付けて食べるとお酒が進みます。

自宅で簡単ちくわの天ぷら

ちくわ

お値打ちメニューとしてちくわの天ぷらがあります。
ちくわはスーパーでも5本入り100円程度の特価で売っていることが多く、これを使って家庭でも居酒屋メニューとして作れば家族の満足度は急上昇です。

通常の天ぷらの要領でちくわを上げるのですが、自宅で天ぷらとなると、揚げ具合が難しく、時間の経過でベタつきが出ると油っこくなってしまいます。
自宅で、居酒屋と同様にカリッとした天ぷらが作れれば家族の評価も高いでしょう。

居酒屋のちくわの天ぷらは、大きめではなく、一口大(5センチ程度)が良いでしょう。
小麦粉に水を入れて溶きますが、少し硬い状態で角が立つくらいに溶きます。
しっかりと溶けたら、焼酎にて箸先からポタポタと液が落ちるぐらいにまで薄めます。
しっかりかき混ぜたところで食塩を適量入れて味を調えます。
180度の揚げ油で2分程度上げれば完成です。

油の中にちくわを落としてから箸先で衣付け(角を立てる)をするとカリッとした食感が味わえ、ちくわの膨張や収縮を避けることができ、時間が経過してもパリパリ感がキープできます。
焼酎が余分な水分を蒸発させ、油切れを良くするため、ビールのおつまみとして最高です。

2016.12.07
関連記事はこちら