HOME毎日をおいしく!食生活コラムグルメな人が通う飲食店の特徴とは?

毎日をおいしく!食生活コラム

グルメな人が通う飲食店の特徴とは?

グルメな人が通う飲食店の特徴とは?

飽食の時代、多くの飲食店が存在します。
日本にいながら世界中の料理を食べることができ、さらに日々新しい料理が登場しています。
次々とオープンする店舗がある一方、閉店を余儀なくされる店も多く存在します。

せっかく開店させた店を存続させるためにどのようなことが大切なのでしょうか。

グルメな人が通う飲食店にヒントがある

いわゆるグルメな人とは、さまざまな美味しいものを食べつくしてきた経験者と言えます。
どんな人でもこれまでに訪れた店のすべてが良い店だったということはありえません。

飲食店を訪れて感じることは、店内の居心地の良さや店員の接客態度、料理の提供時間や盛り付け、味など挙げるときりがありません。

食事を終えて店を後にするとき、客が感じたこれらすべてを総合した点数によって評価が決まるといって良いでしょう。

客が飲食店を訪れる目的は食事だけではありません。
また、食事に求めるものもまた人それぞれです。
単純に空腹を満たしたいけれど待つのは嫌だから早く提供される店を選ぶという人、何よりも安さが目的で来店する人、とくかく美味しいものを求めている人、インテリアが素敵だから寛ぐために訪れるという人など性別や年代、職業、その時の状況によって選ばれる理由は千差万別です。

グルメな人はその時の気分によって店を選んでいる

レストラン街

一人で訪れるか、二人で訪れるか、または大人数かなどによって店を使い分けることも得意でしょう。
大切な人と記念日をお祝いする日もあれば、隙間時間に取る食事のために訪れることもあるでしょう。
しかしいずれの場合もグルメな人は味に妥協はしません。

グルメな人にとっては満足感と満腹感はイコールではありません。
あくまでも別物だという考えです。

場面に応じて選ばれる店は、それぞれの状況に応じてぴったりの店だと言えます。

飲食店は、ターゲットとする客層を明確にすることが最も重要

立地によって訪れる客層も違います。
提供したい商品によって立地を選んだり、立地が優先ならば客層にあわせた商品を開発することも大切で、どちらを優先にするかは店主次第だといえます。

提供する料理や飲み物と、客層が一致したときに集客が安定した店になれるのではないでしょうか。

自宅から離れた場所にある店でも、自分が気にいった店には時間をかけても通うという人もいます。
グルメな人が通う店にはこれからも安定して集客が見込まれるような雰囲気や安心感があるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日をおいしく!食生活コラム関連記事