HOME毎日をおいしく!食生活コラム短時間で食事を済ませる事が出来るお店の経営方針とは?

毎日をおいしく!食生活コラム

短時間で食事を済ませる事が出来るお店の経営方針とは?

短時間で食事を済ませる事が出来るお店の経営方針とは?

飲食店の中には短時間で食事を済ませられるようなスタイルになっているところがありますよね。
代表的なのが立ち食いスタイルですが、どのような経営方針ゆえに短時間で食べられるようになっているのかご説明します。

回転率を上げて利益のアップ

短時間で食事ができる飲食店の経営方針として外すことができないのが、回転率をアップさせること。

飲食店で利益を上げる為にも大切なのは、いかに沢山のお客さんに入ってもらうかですが、椅子が置いてあってのんびりできるところですと回転率も下がってしまいます。
お客さんの入れ替わりが少なくなれば当然利益も少なくなってしまいますから、お店側としては経営も苦しくなってしまいますよね。

その点、立ち食いスタイルの場合ですとお客さんも長居するようなことが少なくなります。
食事を終えたら速やかに帰りますから次のお客さんも入れることができます。
こうすることによって無駄を小さくすることができますし、お店側としても利益を得易くなるのです。

お客さんにもメリットがある

立ち食いソバ2

回転率を良くして利益のアップを図るというと営利主義の良くない経営方針にも感じられてしまうかもしれませんが、しかしながらお客さんの方にもメリットがあることなのです。

まず回転率が良い為にすぐに入店することができます。
椅子があるところですとお客さんものんびりしますから、それに伴い待っている方も時間が長くなります。
回転率が早ければスムーズに空きが出ますので、混雑している時でもそれほど待たずにテーブルに着くことができるのです。

リーズナブルに美味しい料理を楽しむことができるのもメリット。
利益を得易い運営スタイルですと食材にもそれなりのコストを掛けて提供することができます。
ですから通常ならこんな価格で提供することはできないというくらいのリーズナブルな金額で料理を出してくれるところもありますし、お客さんもお得に料理を楽しめます。

その他のメリットもあります

立ち食いスタイルの大きなメリットは回転率が良くなることですが、他にもメリットがありますのでご紹介します。

まず省スペースで開業できます。
椅子があると必然的にそれなりの大きなテーブルも必要になりますから、スペースが狭いとお客さんもあまり入ることができません。
立ち食いですとちょっとしたテーブルだけでもOKですので省スペースでお店ができます。

他にも椅子が不要だったり大きなテーブルが要らない為に設備投資が小さくて済んだり、テーブルだけなので掃除が楽になるのもメリットですね。

こうしたメリットの積み重ねでお店もコストを小さくすることができますし、お客さんも安価に美味しい料理を食べることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日をおいしく!食生活コラム関連記事